前へ
次へ

ダイエット成功の鍵は筋肉に合った運動

過剰な絶食や食べなさすぎの食生活は、中長期的に見るとダイエットにはなりません。
短期的に見れば体重は減るため、成功したように見えるでしょう。
しかし、中長期的に見ると骨粗しょう症や内臓面での病気を引き起こす可能性が懸念されているため、決してよくありません。
なるべく無理のない範囲でのダイエットを実現するためには、短期的には太ったように見えても筋肉を鍛えるトレーニングやストレッチを行うことが望ましいといわれています。
筋トレをして太ったように見えるのは、間違った筋肉トレーニングをしているからだといわれています。
また、筋肉が付くことによって体重は重くなるけれど、脂肪燃焼作用が期待出来るため、継続的に実行していれば志望が付きにくくなり、中年太りや過剰な太り方を避けることにつながります。
脂肪燃焼を期待して実行するためには、毎日の生活習慣で運動を積極的に取り入れるようにしましょう。
1駅歩くなどの効果は昔からよい結果につながるといわれています。
歩くこと、運動を適切に行うことが成功につながるでしょう。

Page Top